東レ会館内部
最新情報
布引焼とは
布引焼は、「七彩天目(ななさいてんもく)」と呼ばれる独自に開発された釉薬を使った色彩豊かな陶器です。陶板や食器などに、特別な釉薬を使って風景や植物を手書きで丹念に描き込んでいきますので、ひとつひとつが個性を持った“1点もの“となります。

「七彩天目」は、基本的に明るい柔らかな色彩が特徴で、これまでにない現代的な絵柄やデザインでの表現を可能にしました。また、その中には深い黄金色を発する豪華な「金天目(きんてんもく)」や、茶器などに使う渋い味わいを発する「侘天目(わびてんもく)」と呼ばれるものもあります。まさに、それら個性的で鮮やかな天目が、これまでの陶器による表現の世界を一変させたのです。
ぜひ、ギャラリーをご覧いただき、布引焼アートの豊かさと奥深さに触れてください。

>>詳しくはコチラ
お問い合わせ
布引焼のご注文はTELまたはFAXにてお問い合わせください。 布引焼窯元への交通手段や詳しいご連絡の方法はお問い合わせをご覧ください。
営業時間:9:00~18:00(日曜日のみ13:00~18:00)